2007年12月18日

流行語大賞候補

新語・流行語大賞が発表された。
大賞は「どげんかせんといかん」「ハニカミ王子」だ。
最近テレビをあまり観なくなったので、この二つの言葉がどれだけ流行したかはわからないが、たまにニュースを観ててよく聞く言葉だ。

そもそも流行語大賞とは、1年の間に発生したさまざまな「ことば」のなかで、軽妙に世相を衝いた表現とニュアンスをもって、広く大衆の目・口・耳をにぎわせた新語・流行語を選ぶとともに、その「ことば」に深くかかわった人物・団体を毎年顕彰するもの。
「広く大衆の目・口・耳をにぎわせた」に関しては、「欧米か」「どんだけ〜」「そんなの関係ねぇ」「ビリーズブートキャンプ」なのど方が勝ってると思うが(テレビをそんなに観てなくても耳に入ってきたからね)
世相って事に関しては「どげんかせんといかん」「ハニカミ王子」になるのかな。使ってる人をリアルで見たことないが。


さて、世相やら世間体やらは置いといて、俺の流行語大賞を発表しなければ。
てな事で候補の発表です。

「うれしはずかし31歳」
 某女優さんの一言。前向きさが素敵です、31ってのがミソ。

「出来れば誉められて伸びたい」
 前向きなのか後ろ向きなのか、砥出君らしい一言。

「こまねこ」
 あの可愛らしさにハマりました。

「にゃー」
 猫をよく見た気がします。アレルギーだけど大好きです。

「ランニングスッテップ」
 某芝居でやりました。恐ろしく疲れて、体力の無さを実感しました。

「あさりちゃん」
 ランニングステップしながら歌いました。ミュージカル気分です。僕にワンシーン任すからこんな事になりました。

「低い声」
 某演出が、女を落とすときには低い声を使えば効果的って教えてくれました。
 別の演出が、低い声で発声した方がいいと教えてくれました。モテル予感がします。

「Volvic(ミネラルウォーター)」
 気休めです(詳しくはGO!GO!テンパリ君10/08にて)

「ノーパン」
 ノーパンなのにシリアスな芝居をしてました。耐えるのが大変でした(詳しくはGO!GO!テンパリ君10/08にて)

「ギザカワユス」
 大阪新撰組のココロさんが言うと凄く面白い言葉です。応用もききます。

「大根役者」
 よく言われます。大根って美味しいですよね。

「最悪竹越で」
 最終的に僕に仕事が周ってくるようです。最終手段です。皆さん仕事を断らないでください。

「はじける」
 入団して4年目の柊あやかが最近ようやくはじけてきました。やっぱり中途半端ですけど。

「カミカミ王子」
 今思いつきました。年内に何度か使おうと思います。

今ん所、この14個です。
思いついたらまた書きます。
posted by タケゴシカツヒコ at 16:20| 京都 ☀| Comment(1) | TrackBack(2) | 名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。