2007年04月11日

避けの美学

シューティングゲームの鬼の操作する戦闘機のように、色々なものから避けたいと思うこの頃。
ゲーム機を引っ張り出し、久しぶりに格闘ゲームをやると技が出せない出ない、すぐにボコボコにやられる始末。
RPGやシュミレーションはハマルと時間を取ってしまうのでやめた。
シューティングはまだなんとなくだけど楽しめた。
避けの美学だ。
昔はよく小銭握り締めてゲーセンに通ってたものなのだが、今や最近やったゲームで「ゴルゴ13」の射撃ゲームぐらい。
それもかな前。
今はゲーセンでもカードを使うゲームが増えてるらしく、多分ついていけないだろう。
行ってもUFOキャッチャーして帰るぐらいだな。
posted by タケゴシカツヒコ at 14:43| 京都 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ども。院内松葉杖まで回復するも、未だ転院決まらずリハビリが滞ってる組鳥です。
入院で暇ができたので、久しぶりにがっつりゲームしてます(笑)ゲームボーイカラーのドラクエ3を(笑)時間潰すにはRPGっていいですよね。ボクも避けの美学を学ばなければ!特に車から(笑)
Posted by 組鳥 at 2007年04月12日 13:27
避けたい時ってあるよね〜(^^;)
私は掃除や料理で現実逃避します(笑)
ゲームは全く出来ません。昔から苦手なの(>_<)
でも、ゲーセンの車を運転するゲームは好きよ〜\(≧▽≦)丿
避けの美学…
良い言葉ですわ〜♪
Posted by うさき at 2007年04月14日 17:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。